2021年12月19日第四アドベント礼拝「祝福の挨拶」

今回は饒平名丈神学生が説教を担当しました。

聖書 イザヤ書60:1~2
ルカによる福音書1:39~45
説教題:祝福の挨拶

音声


動画



 本日の箇所は、エリザベトの家を訪問するマリアの挨拶から、エリザベトが聖霊に満たされ、信仰告白へと導かれる箇所です。エリザベトは妊娠6ヶ月、親戚のマリアは神様からのお告げを聞いてまもなくのことであったでしょう。これらの不思議な体験をした二人の女性が出会います。高齢になった親戚のエリザベトが子を身ごもった、そして自分も誰もが信じがたい方法で子を身ごもった、マリアはエリザベトの家を急いで訪れました。なぜ急いだのでしょうか。天使が本当の事を語ったのかを確認するために、不安を解消するためにエリザベトの家に行ったのでしょうか。その理由ははっきりとは書かれていませんが、次の箇所がヒントになるのではないかと思います。
「マリアは言った。『わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。』」
マリアは天使の言葉を信じました。そして謙虚に、素直に、神のみわざを信じたのです。こうして神のなさる驚くべき出来事を受け入れ、信じたマリアは、迷いや不信仰に惑わされることなく、急いでエリザベトのところへ行って、同じ神の奇跡を担うエリザベトと喜びを共にしたかったのではないかと思うのです。

マリアはエリザベトの家へいき彼女に挨拶します。そして、マリアの語った挨拶の言葉にエリザベトの胎児が躍り上がって反応しました。自らのお腹の子の反応をみて、エリザベトは直ぐに悟ったことでしょう。本当にメシアが来て下さるのだと。聖霊に満たされたエリザベトは、自分よりも年の離れたこの若い女性に言うのです。「あなたは女の中で祝福された方」(1章42節)、「わたしの主のお母さま」(1章43節)と言うのです。まだ見ぬ救い主に対する圧倒的な信頼と信仰。エリザベトの神への信仰は45節で明確に表されています。
「主がおっしゃったことは必ず実現すると信じた方は、なんと幸いでしょう。」
エリサベトもマリアも神様からの信じがたい言葉を受け入れ、「お言葉通り、この身に成りますように」と受け入れました。「神のご計画ならば、すべてを神が成してくださる」という信仰です。「御心のままに」とは、理解できることも出来ないことも神の計画にあることを信じて、その現実を受入れることです。

私たちは、理解できない不合理なことに出会うこともしばしばあるでしょう。キリストを信じるがゆえに、周囲から批判されたり、奇異な目でみられたり、国によっては大きな迫害を受ける場合もあります。そのような中にあっても、神様がすべてのことをその愛ゆえに成し遂げ、人知を超えた大いなる計画の中に私たちも招き入れられていることを信じる者を、神が祝福されることを聖書は証ししています。そのような信仰を持って進むためには、私たちを強めてくださる神様からの祝福、聖霊の満たしが必要不可欠です。ですから、今、私たちはマリアとエリザベトの信仰深き女性から神様の御言葉を学んでいきたいと思います。

この記事へのコメント