2020年12月27日「星に導かれて」

さがみ野教会の主日礼拝の説教動画です。
2020年最後の日曜日を迎えました。今年は思わぬ一年でしたが、このような出来事の中でも神さまは私たちに語りかけていると信じています。キリストによって示された神の愛は変わりません。

あなたへの祝福を、心から祈っています。

聖書:マタイによる福音書2:1〜12
説教題:星に導かれて


音声


動画




 私はこの話を読むととても嬉しい気持ちになります。どこが好きなのか?イエスのもとにやって来た人たちを紹介している1節の言葉に凝縮されています。「占星術の学者たちが東の方からエルサレムにやって来て…」。占星術の学者たちと言っていますが、昔使っていた翻訳の聖書には「博士たち」と書いてありました。ずっと博士のイメージでいましたが、あるときこの新共同訳の聖書を読んでみたら「占星術の学者たち」になっていた。かなり衝撃的な変更でした。要するに、占い師と言っています。聖書では占いが禁じられています。しかも、彼らは「東の方から」やって来ました。ユダヤの国の東、現在はイラクの方ですが、この地方はメソポタミア文明のころから大きな国が次々に生まれました。アッシリア、バビロニア、ペルシアなどといった超大国が生まれてはユダヤにも攻めてきて、侵略されました。東の方は、ユダヤ人にしたら自分たちを苦しめる敵の場所です。つまり東から来た占い師というのはかなりいかがわしくて、神さまから一番遠いところにいる人たちです。

 そんな人たちがイエスさまのところにやって来たのです。東から来た占い師がイエスさまと出会って、礼拝した。これは最高に嬉しい話です。イエスがお生まれになった夜、羊飼いたちは天使から「民全体に与えられる大きな喜び」として、「あなたがたのために救い主がお生まれになった」と聞きました。まさに、本当にすべての民のための救い主です。東の国の占い師の救い主なのですから!それどころか、私たちはもっともっと遠い東の果てにいます。時代も2000年も離れています。キリストはそんな私のための救い主でもあるのです。誰でもキリストと出会えるし、救われるのです。

 占い師たちは星に導かれてやって来ました。どんな星だったのでしょう。私には絵本にでてくるような大きくて明るい星のイメージがありました。しかしある人がこんなことを言っていました。「もっとささやかな星のきらめきだったのではないか。いつも夜空の星をじっと見続けていた者だけが気づくような。微かな変化ではないか。」確かにそうなのかもしれません。同じ時代に無数の人たちが夜空を見上げていたのに、この星を見つけて、新しい王の誕生のしるしを見分けたのは、東の占い師だけでした。彼らは喜んでユダヤまで来ますが、そのニュースを聞かされたヘロデ王やエルサレムの人たちは不安になるだけでした。微かな星の輝きに気づいた人は少なく、その輝きの意味を知っても皆不安になるばかり。そこにあった良い知らせの聞き取ることができなかったのです。

 今年はコロナの年でした。どうしても「今ごろ本当なら○○だった」と考えてしまいます。クリスマスの過ごし方も、毎日の過ごし方もぜんぜん違っていたはずです。コロナに包囲されて身動きがとれない。そういう意味で負けてしまいそう。でも、不安しか呼ばない出来事の中ででも、神は私たちに何かを語りかけています。その「何か」とは、私たちを救い主のところへ導くための語りかけです。しっかり耳を澄まさないと聞き取ることができません。

 「神に、いのちの神に、わたしの魂は渇く。いつ御前に出て、神の御顔を仰ぐことができるのか(詩編42:3)」。私たちは神に救って欲しいし、助けてほしい。クリスマスに生まれた幼子がその答えです。キリストの前で礼拝している今、私たちに救いが訪れているのです。

この記事へのコメント