2020年12月20日「さあ行こう、ベツレヘムへ」

さがみ野教会の主日礼拝の説教動画です。
12月20日はクリスマス礼拝でした。

動画の最後には今日の礼拝の前奏曲が流れています。一年の中でクリスマスの時にしか聞くことのできない特別な曲です。この曲を聴くと、今年もクリスマスが来たと嬉しくなります。

聖書:ルカによる福音書2:1〜21
説教題:さあ行こう、ベツレヘムへ

音声


動画



 「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」私は今日の礼拝で皆さんと一緒にこの言葉を聞くことができて、本当に嬉しいです。「大きな喜び」と天使は言いました。クリスマスは喜びの日、しかも大きな喜びの日です。「恐れるな」と天使は言いました。羊飼いが恐れていたからです。もちろん、突然天使が現れたので、そんなことになったら誰でも恐ろしくなるものだとも言えるかもしれません。しかし、それだけではないと思います。

 この夜、羊飼いは夜通し野宿をしながら羊の群れの番をしていました。考えてみればおかしな話です。今はローマ帝国の初代皇帝、今でも世界史の教科書にその名が登場するアウグストゥスの勅令によって人口調査が行われているはずです。羊飼いは故郷に帰らなくて良いのでしょうか。どうやら、その必要はなかったようです。彼らが人口にカウントされていなかったから。彼らには家がありません。年中移動しながら羊の世話をしています。結婚もしなかったそうです。そして、貧しい。世間からは「一人」として数えられることもない。皆に無視されていた。

 そんな羊飼いのところに天使がやってきました。民全体に与えられる大きな喜びを告げると言い出した。それは恐ろしいことでした。誰にも見られていなかった自分。無視されてきた。寂しいけれど、それにはそれで慣れていたのだと思います。そんな私を神が見ている、天使が私のところに来る。大きな喜びの報せを持ってきた。それはとても恐ろしいことだったに違いありません。

 しかし、天使が羊飼いのために口にした知らせは「恐れるな」です。「大きな喜びの報せ」です。これは、私たちのための報せです。私たちは恐れてはいないでしょうか。喜びを失ってはいないでしょうか。私たちには本当にいろいろなことがあって時には喜びが見えなくなってしまったり、先が見えないために不安になったり、神さまはこんな私をどう思ってご覧になっているのかと恐ろしくなったり。ところが、神さまからの報せは「恐れるな」です。大きな喜びの報せが届けられているのです。クリスマスですから。

 クリスマス。この言葉は「キリストを礼拝する」という意味です。キリストは今日、私たちのために生まれた救い主です。救い主キリスト。数ヶ月前にヨセフのところに来た天使は言いました。「マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」罪から救う。罪と言っています。罪とは何か。一つの言い方をすれば、人口調査のために旅させられた周産期のマリアが宿屋に入ることができず、飼い葉桶に赤ちゃんを寝かさなければならなかったという現実を生み出す罪です。誰もお腹の大きなマリアのために場所を空けませんでした。羊飼いが人間扱いされていなかった現実も、同じだと思います。イエスは私たちを罪から救ってくださる。そのことを思うとき、居場所のない羊飼いのところに天使が来たといいうのは、大きな出来事です。イエス・キリストは羊飼いと出会うために貧しい飼い葉桶をご自分の場所としたのです。

この記事へのコメント